忍者ブログ
『じゃ・ま・いっか~』でゆったり、まったり、のんびり~
[1043]  [1042]  [1041]  [1040]  [1039]  [1038]  [1037]  [1036]  [1035]  [1034]  [1032
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日(といってももう昨日ですが)

職場の仲間でカラオケに行ってまいりました。

ホニペンチングと行くときとは明らかに歌われる曲目が違います

上は50代から下は・・代までなのでバラエティーに富んだ選曲。


いきなりおじさんの「さだまさしの『道化師のソネット』」から突入。


演歌あり、ポップスあり、シャウト系あり・・・



そんな中


先日のワールドカップ(ってまだ終わってないけどさ^^;)の影響もあってか

先輩がことあるごとに

「いい曲だわ~国歌にしてもいいと思わない?」


国歌にしてもいい曲・・・

プライド (今井美樹)

津軽海峡冬景色(石川さゆり)

舟歌(八代亜紀)

海・その愛(加山雄三)

ありがとう(いきものがかり)


えとせとら、えとせとら



う~む

フィールドで胸に手を当てて、やや空を仰いで歌う舟歌・・・

かっこいいかもしれない

けど、\(◎o◎)/!ですな。



海・その愛・・・

敵も味方も全員肩組んで熱唱しちゃうかもね~



そして・・・

こんな歌も!



ジュリーーーーーーーーー!


元祖V系ですな。


いまでこそコロコロのタヌキさんのようになってしまいましたが

ジュリー

カッコ良かったと記憶しております。

誰もが好きだった気がする。


そういえば、むかし

大地真央さんがインタビューで「沢田研二さんが好きです」と言い、

インタビュアーに「お会いしたことはありますか?」ときかれ

「ありません」と。

「会いたいでしょう?」とさらに聞かれ

「いいえ!会いたいけど、でも、好きすぎてそのまま取っておきたいので会いたくありません。」というような回答をしていました。


わかる気がするなぁ~

わたしもスンホニには会いたいけど会いたくない・・・って気がしてたもの。

ま、去年サカスで見ちゃいましたけどね。ガラス越しでよかったよ。

ガラスなかったら「キラキラ粉オーラで目がつぶれてたかもしれないもーん。

オーラというのはですね、テレビで言われているような頭の後ろに光の輪があるよな・・・そんなものでは絶対にありません!

私が見たスンホニのオーラはキラキラした粉でしたから!

それが腰から頭にかけてキラキラと光り輝きまとわりついてましたから!




なんてね



んで。

ジュリーのこの『勝手にしやがれ』ですが

どうしても「あああ~あああ~あああ~ああああ~んあああ~・・・」

のところで手を上にあげてしまうため(一緒に行った人全員手をあげてあ~あ~してましたちなみに、うちの職場のカラオケは基本全員で合唱です。)

胸に手を当てて歌う国歌には向かない・・・ってことに落ち着きました。


あはははは~

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
諸注意
*コメント記入の際は、ご自分でわかりやすいパスワードを設定して下さい。パスワードの記入を忘れますとコメントの訂正ができなくなります。                       *当サイト内で使用の画像等の著作権は、出処元である各サイト・出版社等にあります。                         *必要に応じ、管理人判断により予告なくコメントを削除させて頂くことがございます。
Dr.JIN
me2day (SSH)
SSH Offical Facebook
Jamaica Club Chat Room
クリック募金&share100
クリックで救える命がある。

最新CM
[08/03 maica]
[08/03 バラコ]
[07/29 maica]
[07/29 maica]
[07/28 バラコ]
プロフィール
HN:
maica
性別:
非公開
職業:
ひみつ
趣味:
食う寝るパソコン、ソンスンホン
自己紹介:
ソン・スンホンが大好きだーーー!
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
アクセス解析
忍者アナライズ

Designed by 日暮紅葉
PHOTO by 有毒ユートピアン

忍者ブログ [PR]