忍者ブログ
『じゃ・ま・いっか~』でゆったり、まったり、のんびり~
[964]  [963]  [962]  [961]  [960]  [959]  [958]  [957]  [956]  [955]  [954
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

韓国ドラマはやっぱり字幕でみたいっ!!

特にスンホニの物はね~

「声」も魅力の1つですから


んで、気になるのが字幕。

言葉がわからないので、字幕命なのですが

それでも、どうしてもニュアンス的に訳が微妙になるもの多し。


特に気になるのが

タイトルにもした

「ヒョン、オッパー、ヌナ、オンニ」の訳。

たいていは名前に置き換えられるか、せいぜい「ヒョン」が兄貴になるくらい?

本当の兄弟姉妹だと「お兄ちゃん」「兄さん」「お姉ちゃん」「姉さん」で違和感ないんだけど・・・

なまじ何本も韓ドラ見てそのへんだけはわかるようになると、この訳が少し気になります。

ま、頭の中には「ヒョン」「オッパー」のまま入ってくるからいいんだけどさ。

「アジョシ」もただの「おじさん」とはちがうよね。

エデンの最終回でヨンナンが瀕死のどんちょるに取りすがって「おじさん」て呼んでる字幕・・・なんだかちょっと興ざめな気がしました。

意味は「おじさん」で間違いないんだけど・・・微妙なニュアンスがちがう気がするんだけど。


んで、今朝がた4時半までかかって見終えたドラマ・・・

(久々に3日で16話観破しました・・・疲れたっ。でも次が待ってる・・・)

訳がね「ヒョン」は「ヒョン」、「ヌナ」は「ヌナ」って具合にそのまんまの字幕でした。

これはありがたいねっ!韓ドラに親しみのある人にはね~^^


けど、初めて見る人にはわかんないんじゃなかろうか・・・(-_-;)

ま、いいのか。わかる人対象だから^^


一般の韓ドラDVD、字幕選べたらいいのにね・・・

初めて韓ドラ見る人用、韓ドラに慣れ親しんだ人用・・・みたいにね^^

その国の言葉でしか伝わらないニュアンスってあるもんね。


日本語でも「ぽかぽか」とか「しっとり」とか外国語に訳すのむずかしいじょ・・・



そういえば昔、台湾映画のタイトルについて

「『悲情城市』『恋恋風塵』・・・漢字文化のない西洋人にはわかるまい」みたな解説を読んだことがあったっけ。

中国、韓国・・・同じアジアで似た部分もあるから西洋人よりは気持ち、ニュアンスわかるかもね^^

(アメリカ人やイギリス人て兄弟でも名前で呼んで「おにいちゃん」とか「おねえちゃん」て呼びかけをしないと思うんだけど・・・兄弟の関係も微妙に違うのかもね)



さ~て~

次のドラマが待ってるわん



でも、早くスンホニのドラマ(映画が先か~)をみたいな~^^

イケメンだけど『イケメンですね』は無理なお年になっちゃったわね。

もっとムリにならないうちにソフトな恋愛ものもやっておいて欲しいっす 








ぼやけてるけど、一番いい「ヒョン」の瞬間

それにしても、ジソクはやっぱりデコが・・・

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
諸注意
*コメント記入の際は、ご自分でわかりやすいパスワードを設定して下さい。パスワードの記入を忘れますとコメントの訂正ができなくなります。                       *当サイト内で使用の画像等の著作権は、出処元である各サイト・出版社等にあります。                         *必要に応じ、管理人判断により予告なくコメントを削除させて頂くことがございます。
Dr.JIN
me2day (SSH)
SSH Offical Facebook
Jamaica Club Chat Room
クリック募金&share100
クリックで救える命がある。

最新CM
[08/03 maica]
[08/03 バラコ]
[07/29 maica]
[07/29 maica]
[07/28 バラコ]
プロフィール
HN:
maica
性別:
非公開
職業:
ひみつ
趣味:
食う寝るパソコン、ソンスンホン
自己紹介:
ソン・スンホンが大好きだーーー!
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
アクセス解析
忍者アナライズ

Designed by 日暮紅葉
PHOTO by 有毒ユートピアン

忍者ブログ [PR]